多汗症 治療 手術

多汗症の治療方法としては軽度の場合には外用薬を用いたり、ボツリヌス菌を注射する等の方法が用いられます。しかし症状がひどく、外用薬や注射では効果が出ない場合には、手術を行なう事で発汗を抑えるようになります。
MENU

多汗症治療で行なわれる手術内容って?

 

多汗症とは汗を多くかいてしまうという疾患で、その量は一般的なレベルをはるかに越えるものです。具体的に言うと掌に症状が出る人の場合、滴り落ちるほどの汗となり手元にある書類等をびっしょりと濡らしてしまう事もあります。  

 

この疾患は全身に症状が現われるタイプと、局所的に症状が現われるタイプの2種類に分類する事が出来ます。局所的なタイプの場合は脇の下や掌、足の裏に症状が出る人が多いと言われています。  

 

 

多汗症の治療方法としては軽度の場合には外用薬を用いたり、ボツリヌス菌を注射する等の方法が用いられます。しかし症状がひどく、外用薬や注射では効果が出ない場合には、手術を行なう事で発汗を抑えるようになります。  

 

多汗症治療で行なわれる手術内容としては、専用の器具を使って神経を遮断するという方法が有名です。例えば掌に症状が出る場合には胸腔鏡という器具を用いて、胸部で交感神経を遮断します。交感神経は発汗をコントロールしている神経なので、これを遮断する事によって掌に汗をかかなくなるのです。  

 

ただ、この手術を行なうと本来は掌等でかくはずだった汗をかけなくなるので、その分の汗が別の部分で分泌されます。一般的に汗を多くかくようになってしまう部分としては、背中や腹部等が挙げられます。

 

このページの先頭へ