多汗症 原因

多汗症を引き起こす原因としてはいくつかの要因が考えられます。主な原因としては精神的要因・病気の症状・ホルモンバランスの乱れ・遺伝によるもの・生活習慣の乱れなどが有ります。
MENU

そもそも多汗症の原因って?

 

多汗症とは暑い時期ではないのに汗が出てくる症状の事です。頭部・手足・脇などの部位に多く見られます。多汗症を引き起こす原因としてはいくつかの要因が考えられます。

 

主な原因としては精神的要因・病気の症状・ホルモンバランスの乱れ・遺伝によるもの・生活習慣の乱れなどが有ります。

 

 

精神的要因としてはストレスや緊張・不安などを感じる事で交感神経が優位になり汗腺の働きが活発化する事で汗をかきやすくなります。

 

病気の場合は、バセドー病や急性リウマチ・末端肥大症など代謝の異常や内分泌の異常を引き起こす病気の場合に汗をかきやすくなります。

 

ホルモンバランスが原因の場合は、女性に多く見られる物で生理や妊娠・更年期などで交感神経のバランスが乱れ汗をかきやすくなります。

 

遺伝に関しては必ずなるものではないですが、緊張しやすい性格などは遺伝しやすい為可能性としては考えられる要因の一つです。

 

生活習慣の乱れは、辛い物や熱い物を好んで食べたり、肥満症・喫煙・コーヒーをよく飲むなどの習慣が有る場合は交感神経が刺激される為、汗をかきやすくなる傾向が有ります。

 

多汗症の対策としてはどの要因がもたらすのかを把握して対処していく必要が有ります。

このページの先頭へ