多汗症 治療 ボトックス注射

多汗症が疑われる場合は、内分泌や代謝などの検査や診断を受けるようにしたいものです。そして、こちらの多汗症の治療は、いくつかあるようです。塩化ベルザルコニウム液という外用薬の使用や、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種のボトックス注射による治療、また交感神経遮断治療があるそうです。
MENU

多汗症にはボトックス注射が効くってホント?

 

人間は、高温の中にいたり、緊張している時、また辛いものを食べた時などに、体に汗をかくものです。ただ、その汗が必要以上に出て、生活にも支障をきたす方もいるようです。多汗症と言われるものです。

 

特に、脇の下や手のひら、足の裏などに、大量の汗をかくのです。また、全身性多汗症の方もいますが、それは原因となっている病気を探る必要があるようです。

 

 

例えば、甲状腺機能亢進症の場合もあるそうです。その為、多汗症が疑われる場合は、内分泌や代謝などの検査や診断を受けるようにしたいものです。

 

そして、こちらの多汗症の治療は、いくつかあるようです。塩化ベルザルコニウム液という外用薬の使用や、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種のボトックス注射による治療、また交感神経遮断治療があるそうです。

 

 

特にボトックス注射による治療は、施術に時間がかからずに、汗をでなくさせる持続時間が3ヶ月から4ヶ月となっているので、人気の施術のようです。

 

ボトックス注射は、様々な病院で受ける事ができるそうですが、ネットでは評判のクリニックもあるので、一度検索してみるのも良いかもしれません。

 

多汗症は、思春期に起こりやすい症状とも言われているそうなので、恥ずかしがらずに、病院で相談してみるのをおすすめします。

 

 

 

 

このページの先頭へ